「競輪場外車券売場」施設充実のレジャースポット
水戸の天気 24日(金)  11℃    

国内最大の再生可能エネルギー等の展示会「第7回スマートグリッドEXPO」が3月1日、東京ビッグサイトで開幕し太陽電池展を中心に見学してきました。
大勢の来場者が集まっていたのがパナソニックのブース。今年2月に発売されたプリウスPHVが展示され、従来より約3倍の発電効率を高めた車載用太陽電池パネル(出力約180W)に注目が集まっていました。

 




来場者の注目を集めたプリウスPHV、屋根に取り付けたれた太陽電池(右写真)




 

サテライト水戸の太陽電池パネルでお世話になっているシャープは、無料で充電ができる「シティーチャージ」の商品を紹介。今回、目を引いたのが背もたれに太陽電池を組み込みスマートフォン等が充電できる椅子。人工衛星の太陽電池と同じ高性能性の化合物太陽電池を使用。座面の下には蓄電池もあり日照不足でも充電可能となっていました。昨年10月から都内のスターバックスコーヒーの店舗に導入。屋外テラスでコーヒーを飲みながら気軽にスマホを充電しているとのこと。

さらに、店舗情報やイベントの案内板を兼ね備えた、据え置き型のスーラー充電スタンドも参考出品していました。移動式になっており、さまざまな場所に設置OKとのこと。このほか東京タワーなどの公共・観光エリアで設置されている「ソーラー充電スタンド」も昨年に続き展示。「シティーチャージ」は海外の観光客にも好評で、災害時の緊急電源としても活用できるとあり注目を集めていました。

 




据え置き型のソーラー充電スタンド(上段写真)と、人工衛星と同じ高性能の太陽電池が使われている充電する椅子




太陽電池展では各メーカーとも、最新の電池パネルをPRしていましたが、来年度から固定買い取り制度(FIT)が大幅に改正されることから、従来の「売電」から太陽光で発電した電気を貯める蓄電池をセットにして「自家消費」を紹介するコーナーも、多く見受けられました。

7
拍手!