「競輪場外車券売場」施設充実のレジャースポット
水戸の天気       

サテライト水戸が会員となっている茨城県次世代エネルギーパーク推進協議会の視察研修があり、10月21日から22日まで、大阪、名古屋方面に行ってきました。
県のイベントとあり茨城空港を利用。フライト前に空港屋上の見学エリアに足を運んだところ、隣りの国土交通省東京港航空局百里事務所の屋上に太陽光パネルが乗っているのを発見。同事務所に聞いたところ「新しい庁舎を建てる場合、屋上の緑地対策等が義務づけされているため、太陽光を導入しました」とのこと。モジュールはシャープ製で発電容量は約12kWh。庁舎電力に使用しており建物内には表示装置があるそうです。しかし、空港ターミナルとは別の建物となるため、一般の方は見ることは出来ません、残念…





茨城空港の建物にも太陽光パネルが設置されていました

















神戸まで雨のフライトに。スカイマークのJA737に初乗りしました















前置きはこれくらいにして茨城空港から神戸へ。約1時間半で神戸に到着。バスに乗り大阪府池田市にある「産業技術総合研究所関西センター」を訪問。ここで燃料電池について講演と研究施設の見学をしました。





神戸空港でお出迎えの案内がありました













茨城では日立製作所、大阪と言えばパナソニック。その土地柄か電池技術の最先端研究を官民共同で同センターで行っています。現在、市販のハイブリット車の電池はニッケル水素ですが、次世代電池としてリチウムイオン電池が有力視されています。ニッケル水素よりも3倍のエネルギー密度があり、理論的には1回の充電で約500㌔の走行が可能。リチウムイオン電池の素材研究に取り組んでいます。





リチウムイオン電池の研究室におじゃましました














施設見学では1972年に燃料電池自動車として初めて試験走行したダイハツの軽トラックが展示されていました。荷台には重々しい燃料電池と鉛電池が占拠。最高速度は52㌔、排出されるのは水と空気のみ。38年前の車とありレトロな姿ですが、立派なエコカーです。





日本初の燃料電池・鉛電池のハイブリット自動車














次に向かったのが、愛知県常滑市の「あいち臨空新エネルギーパーク」実証研究エリア。2005年に開催された「愛知万博」で各パビリオンの電力として再生可能エネルギーを使用。その施設がそのまま実証研究エリアとして活用されています。発電プラントの中で目を引きつけたのが太陽光発電施設。4種類の太陽光発電があり、モジュール上にレンズをかぶせ太陽光線を集約する「集光式太陽光発電」は、従来型に比べ2倍の出力を生み出しますが、たえず日光がパネルに直角に当たらなけらば発電しないので、架台に太陽を追尾する機能が備わっていました。


パネル表面にレンズが付いた集光式太陽光発電












また、両面からの光をエネルギーに変換する「両面受太陽光発電」も設置されていました。建材一体型なので手すりやフェンスなどとして活用できるそうです。4種類の太陽光で計360kWhを発電。この電気は近くの常滑浄化センターの電力として供給しています。このほか風力、燃料電池、バイオマスなど、多彩な発電施設を見ることができました。




両面からの光りを活用できる両面受太陽光発電












愛知県は一連の実証研究を産業労働部が担当。燃料電池の研究では、都市ガスを原料とした水素・燃料電池を採用。その理由について県の担当者は、「構造が複雑で部品も多くなり、産業のすそのが広がるため」と説明。新エネルギーを「産業」と位置づけ積極的に取り組んでいるようです。地元・トヨタ自動車も、将来は電気自動車のほか、燃料電池自動車についても実用化を目指しているようです。
また太陽光発電では、中部電力が「メガソーラーたけとよ」(愛知県武豊町、発電出力7.5MW)を来年度に稼働を開始する予定です。



これも電気自動車!?キッズ用でしたが参加者に好評でした













2日間の視察を通して、地域産業と協力しながら、グローバルスタンダードを目指し、新エネルギーの研究・開発にしのぎを削っている実情を垣間見ることができました。

19
拍手!
2010年10月24日

小松重盛太鼓

サテライト水戸の特設ステージで24日、小松重盛太鼓の和太鼓演奏がありました。地元・小松地区の住民が出演する小松重盛太鼓は、大太鼓、中太鼓などを組み合わせ、リズミカルに太鼓の音を響かせました。日曜日とあり大勢の競輪ファンが来場、低重音で迫力ある太鼓の音色を楽しみました。


迫力ある演奏を披露する小松重盛太鼓


20
拍手!

アジア最高峰の自転車ロードレース・ジャパンカップが23日、栃木県宇都宮市内で開幕、初日は市内中心部の大通りで「クリテリウム」(約1.5㌔周回コース×23周、総距離約32㌔)レースが行われました。大都市の中心市街地でのクリテリウムは日本初とあり、観戦に行ってきました。




コーナーを立ち上がる選手たち














10月の世界選手権で9位に入った新城幸也選手㊨












餃子の街と言われる宇都宮市は、この日ばかりは「自転車の街」に変身。サイクルジャージーを着たローディーたちが続々とロードバイクで集合。沿道には臨時のサイクルショップも出ていました。レース開始は午後3時半。すでに昼ごろからコース脇沿道で場所取りが始まり、私もUターン場所が見えるポイントを何とか確保。




競輪SS級・村上義弘㊧を追走する片山右京















目の前を走り抜けた別府史之












完全に封鎖された片側3車線の駅前通りを、カラフルなチームジャージーを着た出場選手がパレード、選手が沿道の市民と握手する姿もありました。レースが始まると選手たちは眼前を猛スピードで駆け抜け、その風圧まで体感。クリテリウムならではの迫力あるレースを満喫することが出来ました。




遠くのゴール地点で、先頭選手がゴール














初代クリテリウム王者となったトーマス・パルマー(オーストラリア)













レースには地元・宇都宮ブリッツェンチームから元F1ドライバー・片山右京が出場。またツール・ド・フランス出場の新城幸也、別府史之にも熱い声援が送られていました。競輪から村上義弘、渡邉一成、脇本雄太が参戦、個人的にはこの3選手を応援しました。

この日は約3万人が歩道を埋め尽くしました。地方の各中心市街地は衰退の一途を辿っていますが、宇都宮市内は熱気を帯びていました。水戸でもJR水戸駅北口から大工町交差点を使ってクリテリウムが出来れば、と思いました。

21
拍手!

今月18日から名古屋市で開幕する生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)。これに合わせて16日、土浦市にある県霞ケ浦環境科学センターで、国立環境研究所の五箇公一さんによる生物多様性をテーマにした講演が行われました。


講演会場となった県霞ケ浦環境科学センター











地球温暖化とともに最近になって頻繁に出てきた「生物多様性」。これは遺伝子の多様性(同じ種類でもさまざまな遺伝子を持った多種の固体)、種の多様性(チョウ、ハチ、鳥など生物にはいろいろな種類がいる)、群集の多様性(森には昆虫、川には魚など環境が変われば生物も変わる)、生態系の多様性(山、川、海などの自然環境も多様) といった、さまざまな階層の多様性を包括する言葉です。


同センター2階テラスの屋根に10kWhの太陽光パネルを発見



玄関に太陽光発電モニターがありました














例えば同じ遺伝を持つチョウのグループと、遺伝的に多彩なチョウのグループが、それぞれ天敵や病気などによる環境ストレスを受けた際には、遺伝的に多彩なチョウの集団の方が個体差などにより生存率は高く、逆に同じ遺伝を持つグループは根絶される危険性があります。また、種の多様性では、動植物や昆虫の種類が多いと食物連鎖の仕組みは複雑になり、一つの種類が絶滅しても、別の食物連鎖のルートが維持され、補食のトップに立つ大型動物が生き延びることが出来ます。多様な遺伝、種類、群生、生態系が備われば、安定した物質循環、エネルギー循環が可能となります。


クワガタを通して生物多様性について講演する五箇公一さん


講演の中で興味をひきつけたのがクワガタムシの話。五箇さんによると、「子どもから大人までクワガタムシやカブトムシなどの甲殻昆虫が大好きな国は日本だけ」と前置きし、1999年に植物防疫法の一部改正で昆虫の輸入が解禁されると、大型のクワガタをペットとして輸入。この結果、「輸出するアジアの山村ではクワガタを捕った収入で家を建て、原産地でクワガタが激減したという話まであります」と述べました。
国内のクワガタは150~500万年をかけて固有に進化してきたものの、輸入によって自然界で起こりえない外来種との交雑が発生。五箇さんは「長い時間をかけて多種、多様に進化してきた日本固有のクワガタが、将来、失われる可能性があります」と、クワガタを通して外来生物の問題を指摘。クワガタのほかにも、繁殖力が強い南米に住むアルゼンチンアリが広島など各地で繁殖が確認され、在来種のアリを駆逐する勢いで増加し、さらに同じ南米原産で猛毒を持つヒアリについても、「ヒアリの毒で人間が死亡するケースもあります。すでに東南アジアで観測されており国内上陸は秒読み段階に入っています」と、生物多様性を破壊する危険な外来種についても紹介しました。


テキスト表紙は五箇さん作成のクワガタがイラストで入っていました












危険外来種の象徴のヒアリ=イラストは五箇さん作成











このほか、土浦の上高津地区で里山づくりをしている「NPO法人宍塚の自然と歴史の会」理事長、及川ひろみさんの講演もあり、里山について貴重な話しを聞くことができました。

11
拍手!

本日10月3日、サテライト水戸では新米プレゼントを行っています。予想紙を購入したお客様全員に、地元・上入野産コシヒカリ新米1㌔をお渡ししております。競輪レースと秋の味覚・新米をお楽しみ下さい。

特設カウンターで新米を受け取る来場者

18
拍手!